1. HOME
  2. 事業案内
  3. 一般廃棄物
  4. 事業系一般廃棄物
  5. 介護・福祉施設のゴミ回収

一般廃棄物

-General waste-

事業系一般廃棄物

介護・福祉施設のゴミ回収

福祉施設のゴミ問題 株式会社 DSPが解決!

介護施設老人ホーム から出る
あらゆる ゴミ回収 します!

  • 即日対応可能

    ごみのことで悩む必要ありません!

  • どんな廃棄物
    処理もお任せ

    生活ごみから紙おむつまでお任せ

  • 廃棄物
    一元管理

    プロが回収手配~請求まで一括管理

  • ごみを
    定期回収します

    少量からでも回収対応いたします!

「職員だけでは
対応できない・・・」

そんなゴミ処理
全てお任せ!

例えば、
こんなゴミでお困りの方

ごみを捨てられる
時間が限られている!
量も多くて職員だけでは
作業が終わらない…

生ごみなどの可燃ごみ
家電など粗大ごみまで
様々な種類のごみが出る!

  • 飲食などの
    生活ごみ
  • シーツ・タオル
    などの布類
  • ビン・缶・
    ペットボトル
  • 紙おむつ
  • ダンボール
  • 家電・家具

他の業者では対応できるごみや廃棄物の
種類が限られていますが・・・
なら、
全て廃棄物
回収できます!
ごみのプロがどんな廃棄物も回収します!

施設で出る
こんなゴミはお任せ!

  • 燃えるゴミ/可燃ごみ
    燃えるゴミ/可燃ごみ

    燃えるゴミ/可燃ごみ

    施設利用者の食べ残し、紙ごみ、ティッシュ、紙おむつ、入所者様の日常生活で出るごみ、
    シーツ、タオル、施設内の植物の枯れ葉枯れ枝、職員の飲食ごみ等

  • 燃えないごみ/不燃ごみ
    燃えないごみ/不燃ごみ

    燃えないごみ/不燃ごみ

    サランラップ、タッパーなどのプラスチック製の容器、プラ製の食器、
    食品トレイ、アルミホイル、ビニール類、利用者が持ち込んだ雑貨等

  • 廃食油
    廃食油

    粗大ごみ

    利用者が退去したときの残置物、使い古した家具、壊れた家電、改装のときに出た木材や壁紙、
    小さめのタンス、ひび割れた衣装ケース、不用になった備品、寝具、施設の備品等

  • 資源ごみ
    資源ごみ

    資源ごみ

    ダンボール、雑誌、新聞、施設利用者への案内プリント、入居者向けのパンフレット等

よくあるご質問

  • はい、回収可能です。特別管理産業廃棄物として回収いたします。

  • 事務長様の判断にもよりますが、基本は事業系一般廃棄物にて行政の処分場に搬入します。

  • はい可能です。ご請求も施設ではなく、ご家族の方へのご請求もできます。

  • はい、可能です。費用の削減、適正処理はお任せください。

  • はい、可能です。水銀使用製品の回収もお任せください。

  • はい、可能です。特別管理廃棄物として回収いたします。

  • はい、紙のマニュフェストも、電子マニュフェストも発行可能です。マニュフェストの発行には事前に「収集運搬委託契約書」と「処理委託契約書」を締結する必要があります。当社が雛形を作成してお渡しますので、内容確認とご捺印をいただきます。

こんなお悩み
ありませんか・・・?

すぐに対応してほしい、スムーズに連絡をとりたい、親身に対応してほしい、決まった日時に回収してほしい

すぐに対応してほしい、スムーズに連絡をとりたい、親身に対応してほしい、決まった日時に回収してほしい
すぐに対応してほしい、スムーズに連絡をとりたい、親身に対応してほしい、決まった日時に回収してほしい

他にも

  • 捨て方に困るようなごみが出る
  • 車いすや杖などの介護用の器具を回収してもらえない
  • 食事時、入浴など忙しい時間を避けてごみ回収に来てほしい
  • 職員だけでは運び出しが難しい粗大ごみがある
  • 事務所も併設されていて、書類などの事務作業ででる廃棄物も合わせて依頼したい
  • 利用者の邪魔にならない時間帯に回収にきてほしい
  • 衛生面上良くないので、ごみは毎日捨てたい
  • 施設の利用者が怪我をすると困るが、大きな家具を直ぐに処分できずにいる

多く実績がある
だからこそ、
こんなお悩み全て解消!

細かい事を悩む必要もなくなり快適に事業に専念できる!

細かい事悩む必要もなくなり、
快適事業専念いただけます!
知識経験豊富
だからこそ、
安心して全てゴミ問題
お任せいただけます!

対応エリア

事業系ごみ・ダンボール・古紙・粗大ごみの回収拠点を、首都圏を中心に関東に多数設けております。 一元管理で依頼頂く事で窓口業務の一本化、数量報告の催促・許可証の取り寄せなど省く事が可能となり事務作業のコスト削減も可能です。


対応エリア