1. HOME
  2. 事業案内
  3. 一般廃棄物
  4. 事業系一般廃棄物
  5. 美容室・美容院で何をどこに出したらいいかわからない、そんなゴミのお悩みはお任せください。

一般廃棄物

-General waste-

事業系一般廃棄物

美容室・美容院で何をどこに出したらいいかわからない、そんなゴミのお悩みはお任せください。

ゴミ処理・回収処分

美容室・美容院・理容室など理美容業の店舗から出るゴミは様々ですが、量も多いのはカットした後に出る毛髪です。
営業規模の大小に関わらず理美容業者から出る毛髪は「事業系一般廃棄物」として扱われます。
他にも美容室におけるゴミは、日々の営業や機材の故障、買い替えで生じるゴミもあり、種類も多岐に渡ります。各種、美容室・理容室から排出されるゴミの破棄はお任せください。

美容室・理容室のゴミ・廃棄物、こんなお悩みはありませんか

  • 「毛髪(事業系一般廃棄物)」が大量で大変。一度にゴミ処理をしたい。
  • ゴミを処理場に運ぶのが面倒だ。処分場に出す時間に持っていけないので回収・処分して欲しい。
  • ゴミの分別に時間をかけたくない。
  • ゴミ・廃棄物の処理にかかる料金が値上りした。ゴミ・廃棄物処理業者を探している。
  • 廃棄物の経費を見直したい。
  • 美容室を閉店、移転をするので「大型器具(産業廃棄物)」を処理・処分したい。買取りできるものは買い取って欲しい。
  • ゴミ出しのマナーを守り、近隣住民に悪い印象を与えたくない。
  • ゴミでも可能なものはリサイクルしたい。社会貢献もしたい。
  • SDGsの目標として環境を守っていきたい。
  • いろんなゴミがあるのでワンストップで処理処分してほしい。
  • 定期回収に来て欲しい。
  • 系列店や関連会社の廃棄物を一元管理をして欲しい。

美容室・理容室のゴミ・廃棄物の種類

回収日時はお客様と打ち合わせの上、ご相談して決定します。

  • 毛髪
  • 紙くず
  • プラスチック容器
  • 週刊誌、月刊誌等の雑誌
  • 新聞紙
  • 紙くず
  • 事務で発生した紙ゴミ
  • 従業員が飲む飲料物のペットボトル、空き缶
  • プラスチック容器
  • 新聞紙
  • 使用済みウィッグ
  • 不要になったマネキン
  • ヘアカラー剤アルミチューブ
  • シャンプー椅子
  • ワゴン
  • タオル
  • 混合廃棄物
  • 大型器具・家具
    スチーマー
    プロセッサー
    シャンプーボール
    デジタルパーマ機
    スチーマー
    プロセッサー・促進器
    シャンプーボール
    ワゴン
    リクライニングチェア
    リラクゼーションシャンプーユニット
    スタイリングチェア
    ドレッサー
    キャビネット
    理容椅子
    サインポール
    ヘアドライヤースタンド式
    水流シャンプー
    おしぼりウォーマー

※大型器具は用途から家庭用とみなされないため、一般の粗大ゴミとして廃棄回収ができません。事業者が扱った「産業廃棄物」になります。
※ヘアカラー剤アルミチューブは純度の高いアルミ剤から作られています。
近年、精錬技術が向上し、カラー剤が少量付着していてもリサイクルできるようになってきています。仕入れ業者が回収してくれる場合もありますので、仕入れ業者にご確認ください。

 

美容院・理容室・ヘアサロンのよくある質問

Q 髪の毛の処分方法はどうすれば良いですか?

A 事業系一般廃棄物として回収・処理処分可能です。ご相談ください。
なお、市区町村(自治体)の取り決めで一般家庭での毛髪の処理の仕方は「可燃」「不燃」と扱いが異なります。
また、美容室という事業活動の結果だから「産業廃棄物」じゃないの?と思われるかもしれません。毛髪は法律上「産廃」に該当しません。
廃棄するためには「事業系一般廃棄物」なり、回収業者による処分が必要となります。ただし、都道府県や市区町村によっては一般家庭ゴミと同じ処分方法でできる地域もありますので、念のため、各自治体へご確認お願いします。

Q 土日や祝日、年末年始でも美容室へ回収していただけますか?

A はい。対応可能です。ただし、行政のカレンダーどおりになる一部地域もございます。

Q 廃棄物の回収処理・処分・金額はいくらですか?

A まずは現況確認させていただいて、見積もりを提出させて頂きます。

Q 美容室に定期的にゴミ・廃棄物の回収・処分に来て頂けますか

A 週に1度、2週に1度、月に1度など定期的に伺う事ができます。

 

 

お問い合わせ