1. HOME
  2. 事業案内
  3. 産業廃棄物
  4. 汚泥
  5. グリストラップ清掃・配管高圧洗浄【緊急対応可能】詰まり解消/定期管清掃

産業廃棄物

-Industrial waste-

汚泥

グリストラップ清掃・配管高圧洗浄【緊急対応可能】詰まり解消/定期管清掃

クサイ!汚い!
開けたら、ゴキブリやネズミがでてくるかもしれなくて怖い!
できれば触りたくない!

グリストラップ
比べてください!プロに頼むと、こんなにキレイになります!


グリストラップ清掃


厨房での掃除したくない場所No1!排水のグリストラップ

グリストラップのメンテナンスは非常に手間がかかりますね。
施設やお店の方が一生懸命、毎日清掃していても、どうしても構造的に清掃が行き届かずに、汚れがひどくなっていきます。このグリストラップ内の固形油脂や汚泥を吸引し、高圧洗浄にて壁面の油性付着物を除去・清掃します。
排出される油脂や汚泥は産業廃棄物になり、事業者は破棄における処分までの責任が問われてしまいます。
DSPでは、グリストラップ清掃によって排出された油脂や汚泥を適正に焼却処分まで行います。
ロード店やバキューム車が入れない高層階や複合施設もお任せください。

 

清掃が行き届いていないグリストラップが起こすトラブル

  • グリストラップから常に悪臭!店内まで臭う!
  • 従業員のグリストラップ処理負担増&苦情
  • グリストラップから小さな虫が発生している
  • 信用の低下・サービスの低下
  • 排水が流れにくい!おそい!
  • 労働コストに見合わないグリストラップ清掃作業
  • グリストラップのつまりによる作業効率の低下
  • いつグリストラップが詰まるのかという不安

 

グリストラップ・排水管の詰まり・逆流

グリストラップ、トラブルの中でも被害が大きいのが、排水管の詰まりによるトラブルです。万が一、下水管がグリストラップからの油脂や汚泥などによって詰まった場合、下水管が詰まったり、溢れ出てきてしまう場合があります。公共物である下水管の復旧費用は、その原因者に請求されます。汚泥処理費や交通誘導員費といった復旧費用が数百万円になる場合もあるそうです。溢れ出てきた場合、周囲への匂いの被害は甚大です。屋内であればお客様、屋外であれば近隣の方に多大な迷惑を及ぼしてしまいます。
定期的なグリストラップ清掃は、安いとはいえませんが、トラブル回避・リスクマネジメントの経費、そして毎日の手入れの時間の人件費を換算すれば、コストパフォーマンスはかなり高くなります。

 

グリストラップから害虫の発生

グリストラップから悪臭や汚れが発生し、ハエ・ゴキブリなど害虫やネズミを引き寄せます。店内の衛生状態が悪くなるだけでなく、そういった害虫が料理などに混入してしまうと、大問題となってしまいます。害虫は雑菌の媒体にもなり、食中毒などが発生する可能性も考えられます。
害虫の発生は、働く側の鋭気を維持するためにも常日頃から対策を実施した方が安心です。
このような最悪の事態が起こる前に、しっかり対策しましょう。

 

グリストラップの臭いによる近隣からのクレーム

グリストラップの汚れがひどくなると、強い悪臭が発生します。店内から外に漏れた悪臭が近隣のクレームに繋がる事例も多いようです。賠償請求や裁判に発展するケースもあります。飲食店においてはイメージ戦略が重要です。悪臭そのものはもちろん近隣からのクレームが、深刻なイメージダウンに直結する可能性は否定できません。また、賠償責任が生じた際のコストも、大きなダメージです。

 


グリストラップ清掃 料金


グリストラップ清掃は大きさ(槽の容量)や設置状況、前回からの清掃の時期(汚れの度合い)、乳化剤の使用量などにより作業内容が変わる場合があります。このため、作業料金が上記の金額と異なる場合があります。

清掃料金に含まれる内容
  • 4tバキューム1台
  • 清掃作業費
  • グリストラップ油脂汚泥の処理費
料金 20,000円~
作業時間 1基につき30分(路面店舗の場合)
対応施設 飲食店、病院、ホテル、ショッピングセンター等
作業人数 1~2人
作業可能時間 24時間365日対応

グリストラップの清掃は、お任せください
結婚式場グリストラップ

 


お客様事例


◆築15年以上の大規模タワーマンションのグリストラップ清掃作業 埼玉県
1000戸以上が入っている大型マンション。商業施設はなく、住宅ばかりなのでトラブルは起きにくいのですが、匂いのトラブルやつまりなど急なトラブルを避け、安心快適な生活を送りたいとのことで管理組合で年に2定期メンテナンスに伺っています。管理組合がしっかりとしているマンションで、廃棄物の処理や集積場所の清掃などもトラブルになりやすい為、お任せ頂いています。
昨今、管理会社や管理組合が入っているマンションなどの集合住宅が多く、当番制などといった住民同士のトラブルを避け、技術面も大事ですが、コストをしっかり考えて、それでもなお住民同士がより快適に住めるよう、また資産として住居をしっかりと考え、丁寧な管理をされるところが増えています。
DSPは、低コストでありながら、お客様の事を第1に考え、またコミュニケーションもしっかりおこないます。

◆飲食店の毎月定期グリストラップ清掃 神奈川県のホテル内飲食店様 東京都
飲食店は油を使う事が多く、グリストラップは定期メンテナンスが必須です。油分の取り扱いが多く、スタッフさんが毎日清掃しても、どうしても汚れは蓄積されます。
営業時間後に疲れた体でグリストラップの清掃はかなりの辛いものです。ごみや油脂を取り除くだけの作業ならなんとか作業できますが、とにかく汚い汚泥の処理はスタッフさんは苦痛でしかありませんし、通常の洗剤や機器では、清掃にかなりの時間を要します。
プロによる定期的なメンテナンスをすることで、悪臭の軽減、清掃も楽になります。清掃料金もお得で従業員さんの作業コストと労働満足度を考えると、プロであるDSPにお任せいただくことで、コストや作業効率の改善ができると喜んでいただいています。

◆グリストラップ定期清掃 取引実績
大手回転寿しチェーン店様 結婚式場様 百貨店様 ホテル様 ビルメンテナンス会社様 商業施設管理会社様 ショッピングセンター管理会社様 コンビニチェーン様 ファミリーレストラン様 食品工場様 飲食店様 幼稚園様 病院様 学校給食センター様 マンションビル管理会社様 公共施設様

グリストラップ清掃に合わせて、配水管清掃やピット清掃の定期清掃の対応も可能です。

グリストラップの逆流処理など各種トラブル解決は特急対応

業務で何かトラブルがあればDSPにご相談ください

お問い合わせ

 


グリストラップ清掃作業の流れ


1. あいさつ・説明
施設・店舗の方へに、これからグリストラップ清掃を始める前のご挨拶と作業説明を差し上げます。
入館身分証明書確認
2. 汚泥吸引車(ダンパー車) を適切な位置に停車
作業者を指定の場所に停車します。

機材搬入車より荷下ろし状況
吸引車到着

3. 機材の搬入とグリストラップ清掃作業開始
機材の搬入します。現場確認して、汚泥吸引車のホースをグリストラップ槽内に差し込み、中の物質を全て吸引します。水道を使える場合は、水を使ってグリストラップ槽内をキレイに洗浄します。
現場確認館内搬入状況
4.グリストトラップ 油脂塊の破砕
固形物、吸引しやすくします。油脂が石の様に固くなっている場合があり、塊が大きい場合、吸引ホースが詰まってしまわないように塊を砕きます。

5. グリストラップのバスケット・ザル・仕切板の洗浄
一般的にグリストラップは槽内にバスケット(ザル)や板(仕切板)が設置されています。 このような外せる部品を一旦すべて取り外し、水道が使える場合は洗剤を使ってグリストラップ内と部品を清掃します。

6. グリストラップ清掃終了後、配水管のつまりを確認して現場作業終了
バスケット・仕切板・グリストラップ槽内をキレイにしたのち、配水管が詰まっていないか確認してグリストラップ清掃作業終了です。
グリストラップのサイズや汚れの程度にもより異なりますが、清掃作業時間は1時間〜2時間程です。

7.退出手続き
作業終了の報告とご挨拶をします。

退館手続き状況
鍵返却記帳状況

8. 回収物を産業廃棄物処理施設への搬出して処分
回収した油脂や汚泥は産業廃棄物ですので、正しく処分します。


よくある質問


Q.グリストラップの仕組みは?

A.厨房からの排水をグリストラップの槽内にいったん溜めると、油分のみが浮き、水と油に分離されます。時間とともに、油分が冷え浮き固まります。水は固まらないので、配管から流れます。油分は汚泥となり沈殿します。これで油分を槽内閉じ込める事ができます。浮いている油脂は通常業務で処理できますが、沈殿している汚泥はなかなかキレイに取り除くことはできません。日にちを経過すると主に悪臭の原因となります。グリストラップ清掃とは、この固まった油脂や汚泥を摘出し、キレイにする作業になります。

Q.グリストラップ清掃の必要性は?定期的に本当に必要なの?

A.排水が流れない等のトラブルがある場合は、ほとんどがグリストラップが原因です。グリストラップの清掃は、法的な義務ではありませんが、「油分は下水道に流してはいけない」となっております。グリストラップの清掃をせずにいた場合、油脂や汚泥が大きな塊となり、確実に配管が詰まってしまいます。
ひどくなってからの作業は時間もコストもかかります。匂いもさぞや臭くなっていた事でしょう。
定期的なメンテナンスをお勧めします。

Q.グリストラップ清掃の頻度どのくらいがよいですか?

A.排水量と油の取り扱い量によりますが、排水使用量の多い施設や店舗では、毎月グリストラップ清掃が必要な場合もあります。油の使用頻度によっては、月4回の事業所さんもいらっしゃいます。
排水量が少ない場合は、年に2回程度のグリストラップ清掃で良いと考えています。施設・店舗の状況に応じた清掃回数を提案いたします。

Q.グリストラップ清掃のお見積をお願いしたいのですが、情報は何が必要ですか?電話でもよいですか。

A.下記の点を見積もり時に教えて下さい。電話での回答は概算でしかお応えできません。現場を拝見して、状況確認の上、お見積もりいたします。

  • グリストラップのだいたいの大きさと個数
  • 前回清掃してから経過した日数
  • 設置場所の状況
  • 住所

Q.グリストラップ清掃の作業時間はどれくらいかかりますか?

A.平均して2時間程度作業に必要です。内容によって異なります。

Q.マニュフェスト伝票は発行出来ますか?

A.可能です。


グリストラップ清掃 対応地域


関東

関東全域
東京都|神奈川県|埼玉県|千葉県|栃木県|群馬県|茨城県

お問い合わせ