1. HOME
  2. お知らせ
  3. 【第34回】 東京23区の可燃ごみ(燃えるごみ)処分の流れ②

NEWS

お知らせ

【第34回】 東京23区の可燃ごみ(燃えるごみ)処分の流れ②

こんにちは~!!
WBC凄かったですねーーー
テレビでは「大谷翔平」さんを見ない日はないほど!
今更ながら優勝おめでとうございます!!!!!

今回は第30回でお話ししました23区の可燃ごみ(燃えるごみ)処分の流れの続きでございます。

前回、可燃ごみは23区の清掃工場に搬入し焼却されるとお話ししましたが、焼却されたあとの流れについてお話していきたいと思います。

皆さんがごみ集積所に可燃ごみを出したそのあと、可燃ごみは清掃工場に運ばれ800度以上の高温で焼却されます。ごみを焼却することにより熱エネルギーが発生します。
ごみを燃やすと熱が出る。高温高圧の蒸気をつくる。蒸気でタービンの羽根を回転させる。電気ができる。

蒸気は、ほかにも熱交換器を介して熱供給などに利用します。使い終わった蒸気は水に戻して再利用します。


上記の過程でできたその熱エネルギーを清掃工場では発電や熱供給に有効利用しています。
つくられた電気や高温水などは、清掃工場を稼働するために施設内で利用して、電力購入量や燃料費を削減しています。
余った電気は、電気事業者へ売却しています。また熱エネルギーを近隣の施設での冷暖房や、地域の温水プールなどに利用しています。

熱供給(無償)(令和4年4月現在)

工場名供給先
有明有明スポーツセンター
千歳千歳温水プール
墨田すみだスポーツ健康センター
元気ぷらざ
豊島健康プラザとしま
中央ほっとプラザはるみ
板橋高島平温水プール、熱帯環境植物館、高島平ふれあい館
足立スイムスポーツセンター、悠々会館、足立清掃事務所
葛飾水元学び交流館、水元総合スポーツセンター
世田谷世田谷美術館
練馬三原台温水プール、三原台児童館、三原台敬老館
杉並高井戸地域区民センター、高井戸温水プール、高齢者活動支援センター
光が丘光が丘体育館※、旭町南地区区民館※

 

ごみをごみで終わらせないってすごいですよね!!
今回は可燃ごみ処分の流れの中で、ごみの焼却時に出る熱エネルギーについてお話ししました。

最新記事